【連載】女のホンネとタテマエ~「もう連絡しないで」を意味するコトバ~ 【連載】女のホンネとタテマエ~「もう連絡しないで」を意味するコトバ~ 女の本音

【連載】女のホンネとタテマエ~「もう連絡しないで」を意味するコトバ~

2016.02.07

恋愛って瞬時に好きになる場合と、時間をかけて好きになる場合があります。

若い頃は自分の直感のままに恋愛しますが、歳を重ねるごとに「試しにデートしてみるのもありかも」的な所から始まる恋愛の存在に気付くものです。

でもデートしたものの、この恋愛やっぱナシかもと思った時に女子が言うセリフ『今日はありがとう、じゃあね』をご紹介したいと思います。

今日はありがとう、じゃあね=もう連絡しないで

ホンネスト

好きというほどでもない相手からデートに誘われた時、女子は「もしかしたら好きになる要素があるかも?」と、とりあえずお試しでデートを了承するものです。

タイプじゃないと思っていても、「実際に深く付き合ってみるととても好きになれた」という恋愛パターンはよくある話。

しかしデートの結果、やっぱり空振り。「この恋愛はナシ!」 と思った場合、別れ際『今日はありがとう、じゃあね』と笑顔で言い放ち、恋愛の終わりを告げるのです。

笑顔でさよなら

ホンネスト

「全然つまらなかった」「やっぱりごめんなさい」と直接的に言うのは相手の反応も怖いし、ストレスを感じるものです。

できれば言わずに伝わって欲しいけれど、鈍感な男子は察してくれません。

とりあえずこの場は円満に終わらせて、あとはフェードアウトしたいと思ってしまいます。

別れ際はつい「じゃあまたね」とか「また連絡しますね」的な事を言ってしまいがちですが、あえて次に繋がってしまうワードは避けながら、最後の最後まで笑顔でやり過ごす、恋愛においては女子は誰もが女優になるのです。

女子の言動はわかりにくいのが常識

ホンネスト

女子はしたたかな生き物だと思う男子もいるかもしれませんが、しかしそれは相手を不用意に傷付けたくない女子なりの優しさの表れでもあるし、悪く思われたくないという臆病心でもあります。

誰だって波風を立てたくないものですが、恋愛においては大なり小なり波風は立ってしまうのがつき物。

それゆえに女子は極力波風を立てないよう言動を分かりにくくしています。なので男子にとっては「永遠にわからない生き物」なのかもしれません。

 

恋愛は喜んだり悲しんだり、大人になっても感情を揺さぶられてしまう唯一のものだと思います。気になる女子との恋愛が上手くいかなくても、ポジティブに次の恋愛に進んで欲しいものです。

【連載:女のホンネとタテマエ】の他の記事をもっと見る
カタカタサダ子

カタカタサダ子:OL・ライター

昼はOLとして活動し、夜や休日を恋活に費やすアラサー女子。運命の男性とめぐり逢えず今に至る。好きなコトは占い。

女の本音

関連記事

ランキング