男がゲンナリする女の口癖~男性の顔が引きつってしまう一言~ 男がゲンナリする女の口癖~男性の顔が引きつってしまう一言~ 男の本音

男がゲンナリする女の口癖~男性の顔が引きつってしまう一言~

2016.02.16

付き合っている彼に、結婚を意識してもらおうとアピールすることは重要な行動です。しかし、結婚を先走るあまり、関係が悪化してしまったというケースもあるかと思います。

そこで、アナタの行き過ぎたアピールで、男性の顔を引きつらせてしまうフレーズ『今年は絶対に結婚したいんだ』を紹介したいと思います。

男性の重荷になってしまうフレーズ

ホンネスト

女性同様、男性にとっても結婚は人生の重要なターニングポイントです。しかし、『今年は絶対に結婚したいんだ』というフレーズを聞いて、結婚したくなる男性はいません

男性は仕事とプライベートとで優先順位が決まっており、プライベートよりも仕事を優先する場合がほとんどです。

そんな男性に対して、“今年”と期限を限定し、“絶対”と強調する『今年は絶対に結婚したいんだ』というフレーズは、アナタとの関係を悪化させるに充分すぎるプレッシャーを与えます。

自分の優先順位を激しく乱す言葉を、理解者と思っていたアナタの口から聞かされるので、男性の顔が引きつるのは当然のことです。

女性が思っている以上に、男性は結婚に対してシビアな考えを持っています。たとえ長く付き合っている相手だとしても、結婚の話題を出すなら細心の注意を払わなければなりません。

“肉食系女子”を受け入れる男性は少数

ホンネスト

彼女にするなら積極的な“肉食系女子”も刺激的で魅力がありますが、いざ結婚となると刺激よりも安定を求めるのが男という生き物です。

なので、彼との結婚を意識したなら、『今年は絶対に結婚したいんだ』といった積極的、そして“肉食”的なフレーズは避けましょう。

男女平等の時代ではありますが、男性は女性をリードしたいと考えています。

結婚の話をする時は“肉食”的になるのではなく、彼から結婚の話をさせる“草食”的な女性になるのがベストです。

恋愛中に“結婚”という言葉はタブー

ホンネスト

すでに互いの両親に挨拶を済ませているならまだしも、付き合っている段階で『今年は絶対に結婚したいんだ』と女性の口から聞くと意表をつかれ、思わず顔がひきつってしまうことも多々あるでしょう。

彼に結婚を意識して欲しいのなら、“結婚”というワードを伏せてアプローチするのが効果的です。

「ずっと一緒に居たいね」や「これからもよろしくね」といった未来を予感させるフレーズを言えば、彼はふたりのこれからを想像して、アナタとの結婚を意識しはじめるでしょう。

 

アナタが本当に結婚をしたいのなら、『今年は絶対に結婚したいんだ』というフレーズは絶対に使わないでください。“結婚”を使わずに時間をかけてアプローチをすれば、近い将来、彼の方からプロポーズしてくれることでしょう。

【連載:男のゲンナリフレーズ】の他の記事をもっと見る
山田周平

山田周平:作家

テレビ・ラジオの放送作家を経て、女性向けモバイルサイトの企画・運営に携わる。現在は、Webサイトの企画・ライティングや、恋愛コラム、書籍などを執筆。著書に『男は耳で恋をする』、『話に「オチ」をつける技術―伝わり方が劇的に変わる6つの話術』がある。

男の本音

関連記事

ランキング