オレは好きだ!! コンプレックス女子 ~褐色肌編~ オレは好きだ!! コンプレックス女子 ~褐色肌編~ 男の本音

オレは好きだ!! コンプレックス女子 ~褐色肌編~

2016.01.20

「夏休み、エンジョイしてるね~!」と、何もしてないのに褐色肌ゆえ言われてしまう女子の方々。

冬には季節感のなさに自己嫌悪。遊んでそう、チャラそう、なんか怖いなど、マイナスイメージを持たれている人も多いんじゃないでしょうか?

僕の知人の褐色肌女子は、海外の人に現地語で話しかけられ困惑したそうです。そんな気苦労が絶えない女子に朗報! ファンはかなり多くいますよ!!

色白信仰は一部地域だけ!!

ホンネスト

「色の白いは七難隠す」ということわざがあるように、日本は古くから色白女性を信仰してきました。

しかし、世界的に見れば、実に珍しいんだそうです。日本や韓国など東アジアばかりで、白人が多い欧米では、褐色の肌こそ美の象徴とされています。

試しにアメリカのミスユニバースなど検索してみましょう。ほんのり小麦色の美女ばかりです。引き締まって見えますし、非常に健康的です。

色の黒きは味よし

ホンネスト

「色の黒きは味よし」というのは、「色の白いは七難隠す」の対になることわざ。実は昔から評価されていました。

さらに肌が老化する原因の8割は紫外線といわれていますが、メラニン量が多い褐色女子は、このダメージを大幅カット。老化しにくいと言われています。

さらにしみ、しわができにくく、できたとしてもあまり目立ちません。スキンケアに悩む女性にとって、これほど頼もしい肌はないんじゃないでしょうか?

大衆に迎合せず、己を磨けば白より光る!

ホンネスト

「そうは言っても色白の方がモテるじゃん!!」と、お思いのあなた。否定はしません。たしかに色白か褐色肌か二者択一を迫られたら、色白を選ぶ男性が多いかもしれません。

しかし、だからといって、褐色女子が色白を目指すのは悪手です。白と黒は表裏一体。白ばかり見ていると、黒をずっと見ていたい気持ちにかられるのです。

僕自身がそうでした。ある日急に、今までまったく興味のなかったギャルにゾクッとするようになり、渋谷のセンター街をうろうろしてギャルをチラ見するようになったのです。

それは、10代のある日、自我に目覚めるように、20代のある日、褐色女子に目覚めたのです。この体験は多くの男性があるあると頷くところのはず。

美白ブームの次は、美黒ブームが来るのが道理。どうか褐色女子は褐色女子としての長所を伸ばしてください!!

【連載:オレは好きだ!! コンプレックス女子】の他の記事をもっと見る
原雄二

原雄二:放送作家・ライター

放送作家として日本テレビやフジテレビ、BSフジ等で番組の企画・構成、リサーチ業務を担当。WEBライターとしても活躍。

男の本音

関連記事

ランキング