男がゲンナリする女の口癖~「お局様」認定される言葉~ 男がゲンナリする女の口癖~「お局様」認定される言葉~ 男の本音

男がゲンナリする女の口癖~「お局様」認定される言葉~

2016.01.17

そっと後押ししてくれる女性に男性は好意を抱きます。男女平等の時代ではありますが、女性より上に立っていたいと思うのが男の性なのです。

しかしその思いを一気に覆してしまい、説教じみた「お局様」だと思われてしまうフレーズ、『もっと堂々としてよ』を紹介したいと思います。

アナタのことを敵視するようになる

ホンネスト

どんな男性だって、“男らしい”と思われたいと思って生きています。スポーツ、ドライブ、体つきなど様々なところで“男らしさ”をアピールすることができますが、男性が一番男らしいと思って欲しいシチュエーションといえば“仕事”です。

仕事にミスはつきものです。例えば男性がプレゼンなどで口ごもってしまい、上司に意見を提示できなかった時、『もっと堂々としてよ』と言いたくなってしまうかもしれません。

しかしこの時にこのフレーズを放ってしまうと、男性の多くは憤慨し、アナタのことを敵視するようになるでしょう。

年齢、役職を問わず「お局様」認定されてしまう

ホンネスト

仕事で男らしくない一面が明るみになった時は、男性のプライドが傷つけられた時とイコールです。

ただでさえ落ち込んでいるのに、『もっと堂々としてよ』といった説教じみたフレーズを言うことは彼の傷口に塩を塗るようなもの。

仕事上でこのフレーズを言ってしまうと、“お局様”から注意をされたような気持ちになってしまいます。

なので『もっと堂々としてよ』と言った後は、アナタが彼の恋愛対象になることはあり得ませんし、避けられてしまうことも覚悟して下さい。

母性を感じられるフレーズがベター

ホンネスト

実はこのように男性がプライドを傷つけられ、弱っている時こそ恋が芽生えるチャンスなのです。

男性は男らしくありたいと思っている一方で、誰かに守ってもらいたいと思っています。

なのでこのような場合は『もっと堂々としてよ』と言って突き放すようなフレーズではなく、「○○さんなら大丈夫」など勇気づけ、どこか母性を感じるフレーズをかけてあげて下さい。

男性は傷ついた自分を包み込むように守ってくれる言葉に温もりを感じ、アナタのことを“居心地がいい女性”、“ずっと一緒にいたい女性”つまりは“結婚したい女性”だと思うようになるでしょう。

 

意中の人が弱っている時はチャンスです。それを棒に振るか、活かすかはたった一つのフレーズで決まってしまうことも多々あるのです。シーンを見極め言葉を選べる女性こそ恋の勝者になると言っても過言ではないのです。

【連載:男のゲンナリフレーズ】の他の記事をもっと見る
山田周平

山田周平:作家

テレビ・ラジオの放送作家を経て、女性向けモバイルサイトの企画・運営に携わる。現在は、Webサイトの企画・ライティングや、恋愛コラム、書籍などを執筆。著書に『男は耳で恋をする』、『話に「オチ」をつける技術―伝わり方が劇的に変わる6つの話術』がある。

男の本音

関連記事

ランキング