調査のプロが教える デートで使える豆知識~“こたつ”でデート編~ 調査のプロが教える デートで使える豆知識~“こたつ”でデート編~ デート・穴場スポット

調査のプロが教える デートで使える豆知識~“こたつ”でデート編~

2016.01.15

冬到来! せっかくだから出かけたいけど、外は寒い……そんな時は「こたつ」のあるスポットに出かけてみてはいかがだろう? 調査のプロであるリサーチャーさんに、ふたりでまったりできる“こたつ”スポットを調べてもらった。

下北沢の一軒家ダイニング「農民カフェ」

ホンネスト

「農民カフェ」では千葉県流山市の田んぼで育てた無農薬米と有機野菜を使って、ヘルシーな料理を提供している。夜は「農民酒場」となり、レアな日本酒や焼酎で来客をもてなす。

お店は二階建ての一軒家を改装したもの。ウッドデッキ席やソファー、畳席など、元の間取りを活かしている。冬にはちゃぶ台やこたつが置かれ、知人の家に遊びに来たような感覚でのんびりと過ごすことができる。

さすがにお店で寝てしまう人はいないと思うが……こたつと言えば、ついついまどろんでしまうもの。こたつで寝ると風邪をひきやすいのは、下半身と上半身で温度にギャップが生じるためと言われている。

基本的に睡眠中は体温が低下するので、こたつに入ったまま寝てしまうと、体温の調節がうまくできずに風邪をひきやすくなるらしい。

バックパッカーの夫婦が営む旅カフェ「cafe Stay Happy」

ホンネスト

地球を何周も旅してきた夫婦が、旅先での出会いを東京でも体感してもらいたいと始めたカフェ&バー。世界のビール39種と、有機野菜や無添加食材を使った体に優しい洋食で、まったりとくつろげる。

エレクトリックサウンドを中心に様々な音楽が流れる店内には、世界中の雑貨を配置。流木ハンモックこたつもあり、居心地の良い空間となっている。

こたつと言えば日本の冬の風物詩だが、実は外国にもこたつによく似たものがある。アフガニスタンには「サンダリ」、イランには「コルシ」と呼ばれる暖房器具があり、いずれもこたつそっくり。

型破りな本屋として話題「天狼院」

ホンネスト

コンセプトは「READING LIFEー本を通した体験ー」。お昼寝OK・こたつ席・部活など、独創的なコンテンツを次々に繰り出す次世代型書店として、メディアから注目を集めている。

2013年に池袋で1号店がオープンし、2015年9月には福岡店が登場。「天狼院カフェ」が併設されており、商品を試し読みしながら食事やドリンクを楽しむことができる。

ちなみに、夢の中にこたつが出てきたら、それは「愛情」の暗示であるらしい。一人で入っている時は孤独を感じており、誰かと入っている時はその人に近づきたいと思っているんだとか。

「猫の居る休憩所299」

ホンネスト

「こたつ×猫」という最強の組み合わせを実現したスポット。池袋の東急ハンズ裏にあるこの店は、関東で最初の猫カフェ「ねこのみせ」2号店にあたる。

マンガ雑誌が約2000冊も置かれ、携帯電話の充電もOK。ぬくぬくのこたつ席は人にも猫にも大人気となっている。

ところで、熱いものが食べられないのを「猫舌」というが、猫は「舌」ではなく「鼻」で熱さを判断しているらしい。吸い込んだ空気の温度によって0.5℃の違いもわかるそうだ。

【連載:デートで使える豆知識】の他の記事をもっと見る
ホンネスト編集部

ホンネスト編集部:

男と女の本音をのぞき見!?恋愛・婚活に関する記事を毎日配信しています。

デート・穴場スポット

関連記事

ランキング